So-net無料ブログ作成
検索選択
2011年7月 箱根日帰り ブログトップ

2011年7月 箱根日帰りバスツアー6 国立公園 箱根大涌谷 [2011年7月 箱根日帰り]

2011年7月に丸井の懸賞当選で行った、箱根[いい気分(温泉)]日帰りバスツアー[バス]の続きです。
懸賞バスツアーですし、強制的に高額商品を扱うお店にも連れて行かれる、何ともブラック要素の多いツアーですので、あまり頑張って紹介する感じではありません[ふらふら]
期待せずにお読みください[あせあせ(飛び散る汗)]
前回はこちらでした。


2011年7月25日

ユネッサン[いい気分(温泉)]を後にしてバスで走ること10分ほど[バス][ダッシュ(走り出すさま)]

国立公園 箱根大涌谷に到着です[グッド(上向き矢印)]

大涌谷の説明は、公式HPから引用します。(公式HPは[次項有]こちら
約3000年前、箱根火山で水蒸気爆発による山崩れが発生し堆積物が地表を覆いました。
さらに約2900年前に、小規模な火砕流が発生、冠ヶ岳ができ、また火山砕屑物が積もりました。
この2つの火山砕屑物と山崩れによる堆積物の間が現在の大涌谷と呼ばれるエリアです。


かつては「大地獄」と呼ばれていたのですが、1873年(明治6年)8月5日の明治天皇・皇后のご訪問を前に、現在の「大涌谷」に改称されました。


遠目からも湯気が凄いです
506.jpg
507.jpg


散策時間は40分くらい。
とりあえず先に進んでみることにしました。
来ていた人も多く、外国人が多かったのは箱根という土地柄でしょうか。

至る所から湯気が
508.jpg
白濁の水が流れています
509.jpg
たくさんの人が歩いていました
510.jpg
先に建物が見えます
511.jpg
ロープウェイ
513.jpg
登った所から見下ろした景色
515.jpg


登りきった所に、こんな石碑がありました。

『大涌谷』の石碑
516.jpg
標高1,050mだそうです
517.jpg


折り返して下山。
土産物店などもありましたが、最もにぎわっていたのは…

黒玉子茶屋
518.jpg
ご存じの方も多いかと思いますが、真っ黒なゆで卵です。
地熱と火山ガスの化学反応を利用して作られ、殻が真っ黒になるのです。
1つ食べると7年寿命が延びると言われているそうで、10個食べたら70年寿命が延びる[exclamation&question]
残念ながら5個以上のセットしかなかったため、買いませんでした。
ばら売りしてればいいのに…

散策時間を終え、バス[バス][ダッシュ(走り出すさま)]に戻り、そのまま帰宅の途へ。
帰り、結構皆さん寝入っていました[眠い(睡眠)]
自宅に戻ったのは20:00近く[時計]
アリエルは寝ていましたが、私が帰った途端にぐずり出し、主人と過ごした1日は非常に良い子だったそうなので、ぐずる相手を分かっているかのようですね[ふらふら]
1日中、アリエルの事が気になっていましたが、主人が写真[カメラ]付メールをくれるので、様子を確認することは出来ていました[mail to]

懸賞バスツアーというのは、格安ツアーと同じカラクリだと知った、貴重な体験でした。
タダ[無料]ならまぁ楽しみもあるので良いですが、これが有料だったら…うーん[たらーっ(汗)]私は嫌ですね。

今回は短い日帰りなので、総括等も書かず、こちらで終了です[end]
次回からは過去旅行記に入ると思います[ー(長音記号2)]
nice!(11)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2011年7月 箱根日帰りバスツアー5 森のお風呂を堪能♪ [2011年7月 箱根日帰り]

2011年7月に丸井の懸賞当選で行った、箱根[いい気分(温泉)]日帰りバスツアー[バス]の続きです。
懸賞バスツアーですし、強制的に高額商品を扱うお店にも連れて行かれる、何ともブラック要素の多いツアーですので、あまり頑張って紹介する感じではありません[ふらふら]
期待せずにお読みください[あせあせ(飛び散る汗)]
前回はこちらでした。


2011年7月25日

バイキング[レストラン]のランチを食べ過ぎ(でも1回しか取ってないんですよ[あせあせ(飛び散る汗)])、少し寛ごうとお風呂[いい気分(温泉)]に行きます。

ここで、がっかりポイント[ひらめき]
今回のバスツアーでは、お風呂には入れますが、ユネッサンエリア(水着で遊ぶスパエリア)には立ち入れません[どんっ(衝撃)]
ユネッサンに来て、ユネッサン名物には入れないとは…[がく~(落胆した顔)]
それってどうなの…という感じですが、でもここでの自由時間はランチタイム[時計]含めて2時間半弱しかありません[ふらふら]
ユネッサンまで入れても、楽しむ時間は殆どなかったでしょうから、入れなくても仕方ないのかな
……でも入りたかった[ダッシュ(走り出すさま)]


とはいえ、お風呂もかなり充実しているので、お風呂好き・温泉好きとしては楽しみに向かいました。
子供も多く来ていましたが、皆ユネッサンエリアに行っているのか、思ったよりもお風呂は空いていました。
当然のことながら、お風呂は撮影[カメラ]出来ないので、お風呂の様子は公式HPをご覧下さい[次項有]ユネッサン 森の湯

大きな檜風呂、少人数で楽しめる樽風呂、巨大な露天風呂があり、かなりの人数が同時に入っても色々楽しめるようになっていました[ハートたち(複数ハート)]
真夏なので日差しが少し気になりましたが、露天風呂が大きくてとても気持ち良かったです[るんるん]
友達とかとも来てみたい…


お風呂上りに、少しお土産品[プレゼント]を物色。
来た時に目についた白桃ソフトも食べてみたかったのですが、満腹感が解消されてなく、食べれず…[たらーっ(汗)]

集合時間より少し早く、降りて行こうとしたら、エスカレータの上から館内入ってすぐのトリックアート展が上から見えちゃいました[目]

トリックアート展
501.jpg
502.jpg
この一角だけの臨時的なものだったんでしょうね…

ただのトリックアート展じゃなく…

古代エジプトトリックアート展
503.jpg
だったようです。

バスに乗るため、外に出たら箱根の山が青空の下に聳え立っていました。

箱根の山も見納め
504.jpg
良いお天気[晴れ]で良かったです[わーい(嬉しい顔)]
やっぱり行楽はお天気が良いに越したことないですね。

全員の集合を待ち、バスは出発[バス][ダッシュ(走り出すさま)]
次回、箱根の国立公園に行きます[soon]
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2011年7月 箱根日帰りバスツアー4 洗練された館内 [2011年7月 箱根日帰り]

2011年7月に丸井の懸賞当選で行った、箱根[いい気分(温泉)]日帰りバスツアー[バス]の続きです。
懸賞バスツアーですし、強制的に高額商品を扱うお店にも連れて行かれる、何ともブラック要素の多いツアーですので、あまり頑張って紹介する感じではありません[ふらふら]
期待せずにお読みください[あせあせ(飛び散る汗)]
前回はこちらでした。


2011年7月25日

ガイドさんに連れられ、土産物店[プレゼント]を抜け、更に先へ連れて行かれた所は施設の外。

古風な造りが並びます
487.jpg
ここで見える範囲の施設の紹介をされました。
趣ある建物[ビル]はそれぞれレストラン[レストラン]になっています。
昼食はチケット[チケット]を貰い、いくつかのレストランから選択して食べることが出来るため、全ての施設への行き来が出来るこちらで説明だったようです[ー(長音記号2)]

反対側も統一された雰囲気
488.jpg
この建物もレストラン 鳥料理のお店でした
489.jpg
この一帯は、ユネッサン内の利用(有料)がなくても利用出来る=食事のみの利用が出来るエリアです[ひらめき]

ランチチケットとロッカーの鍵[パスワード]を受け取り、集合時間[時計]を確認の後解散。

一先ず、荷物を預けてしまった方が楽だと思い、館内に行くことにしました。

入口付近の様子
490.jpg
水着で遊べるエリアがあるので、水着姿の方がたくさんいます。

ロッカーの鍵のナンバーを探して荷物を入れに行きました。
周囲は皆、同ツアーの方々でした[あせあせ(飛び散る汗)]

ここのロッカーキーは電子式[グッド(上向き矢印)]
カードでかざすタイプのホテル[ホテル]を経験された方もいると思いますが、それよりハイテク(笑)で、腕に鍵をはめたまま、かざすだけで…

「ピッ」と反応して鍵が開きます[るんるん]
492.jpg
濡れた体で帰ってきても、いちいち鍵を外さなくても開け閉め出来て便利ですね[ー(長音記号2)]

ここで隣のロッカーのおばさまが悪戦苦闘していて、なかなか鍵が開けられないでいました[あせあせ(飛び散る汗)]
声をかけようか…でもおせっかいかな…と悩んでいたら、「ねぇちょっと見てくれない」と声をかけられ、やり方を教えてあげました。
おばさま、かざすタイプというのを知らなかったようで、感激していました。

お互い1人参加なので、ここで急に打ち解け、一緒の所で食事[レストラン]しましょうかと誘われ、1人飲食店が非常に苦手な私はホッ[ダッシュ(走り出すさま)]

先に食事をしようと、先へ進みます。

板張りの廊下を進み…
493.jpg
窓からは外の様子が見れます
494.jpg
箱根の山も所々で見えます
495.jpg


エレベータで5階へ行くと、降りた所は絨毯張りでした。

5階に降りたところ
496.jpg
このエリアも水着可です。(勿論濡れたままではいけませんけど[たらーっ(汗)]

途中に休憩所があります。

休憩エリア
497.jpg
水着でも入れます。
右側のあたりは、有料のマッサージスペースでした。

更にその奥に、バイキング会場があります。
おばさま、私に気遣って下さったのか、それとも色々食べたかったのか「バイキングのレストランにしましょう」と言ってこちらに来ました。
私的にはお蕎麦も食べたかったですが、厳かな店内より、子供が多くて騒がしいバイキングの方が気楽で良いですね。

バイキング会場入り口
499.jpg
結構混み合っていましたが、並ぶほどではありません。
カウンター的な、横並びの席があったので、そちらに着席しました。
今日初めて会った方とご一緒するには、隣り合わせくらいがちょうど良いですね[揺れるハート]

取ってきたお料理[レストラン]
500.jpg
子供が喜びそうなメニューが多いバイキングでした。
味の方は…まぁ見た通りといった感じ。ファミレスみたいな味です…それよりちょっと雑な感じかな…[あせあせ(飛び散る汗)]
左上はビシソワーズスープで、これがとても美味しかったです[ハートたち(複数ハート)]
箱根の景色を見ながら食べるのは、また気分が違いますね。

お腹いっぱいになり、お風呂[いい気分(温泉)]を楽しむことに。
勿論写真など取れないので、次回文字のみで簡単に紹介します[soon]
nice!(11)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2011年7月 箱根日帰りバスツアー3 ユネッサン到着 [2011年7月 箱根日帰り]

本日、アリエルが2歳になりました[ハートたち(複数ハート)]
子育てブログにて、本日の誕生日[バースデー]の様子を簡単にアップしました。
写真館での撮影シーンなどもありますので、是非ご覧くださいませ([次項有]こちら



本題に戻ります。

2011年7月に丸井の懸賞当選で行った、箱根[いい気分(温泉)]日帰りバスツアー[バス]の続きです。
懸賞バスツアーですし、強制的に高額商品を扱うお店にも連れて行かれる、何ともブラック要素の多いツアーですので、あまり頑張って紹介する感じではありません[ふらふら]
期待せずにお読みください[あせあせ(飛び散る汗)]
前回はこちらでした。


2011年7月25日

ブラック要素の塊、宝石店を後にして、数十分走ったところで到着したのは…

箱根の山々に囲まれた…
469.jpg
470.jpg
471.jpg
箱根小涌園 ユネッサン
473.jpg
ホテル[ホテル]も隣接されている、温泉テーマパークの複合施設です。

建物も非常に現代的[ぴかぴか(新しい)][ビル][ぴかぴか(新しい)]
474.jpg
目の前が箱根の山です
475.jpg
私は箱根ってあまり来たことありません。
ユネッサンは有名ですし、楽しそうなので行きたい[exclamation×2]と思ったことはありますが、那須にも同じような施設はあるし、そうすると行きやすい那須になっちゃうんですね…
こうした温泉テーマパークは、全国結構色々な所にあると思います。
復興したばかりのいわき(福島県)のハワイアンズも、温泉やプールの複合施設ですしね[ー(長音記号2)]

中に入ります
476.jpg
記念メダル発行機
477.jpg
TDRではこれ作ったことあるんですけど…
100円とか200円とかで、お金を入れた途端にメダルが出てくる機械です。
型を一気に押し付けたようなメダルで、値段からしても仕方ないですが、非常にちゃちいです[たらーっ(汗)]

待合所
480.jpg
こういう部分も全てお洒落にしてますね。
ここでガイドさんの説明を聞き、エスカレータで上に上がります。
この階はフロントくらいで他はあまりなく、あるのは…

トリックアート展をやっていました
481.jpg
入場料は600円くらいだったので、比較的安いですが、規模も小さ目でした。

ガイドさんに連れられて2階に上がると、目に飛び込んできたのは…

鈴廣の蒲鉾
482.jpg
小田原名物ですね。ここの蒲鉾は確かにこしがあって美味しいです[グッド(上向き矢印)]
でもお正月でもないので買いませんでした……結構高いし[あせあせ(飛び散る汗)]

土産物店もたくさん
484.jpg
お店に多かったのは、箱根で有名な寄木細工。
決まった通りに開けないと開かない秘密箱がたくさん並んでいました。
…これ、開け方を憶えるか、答えをなくさずにしまっておかなきゃいけないので、きちんとしている人以外にはあまりオススメしないお土産です。個人的には。
寄木細工のものは秘密箱じゃなくてもその魅力は分かるので、他の物の方が気楽で良いと私は思います。

次回、施設の中の紹介です[soon]
nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2011年7月 箱根日帰りバスツアー2 強制連行の刑 [2011年7月 箱根日帰り]

2011年7月に丸井の懸賞当選で行った、箱根[いい気分(温泉)]日帰りバスツアー[バス]の続きです。
懸賞バスツアーですし、強制的に高額商品を扱うお店にも連れて行かれる、何ともブラック要素の多いツアーですので、あまり頑張って紹介する感じではありません[ふらふら]
期待せずにお読みください[あせあせ(飛び散る汗)]
前回はこちらでした。


2011年7月25日

集合は朝早く、7:40[時計]
アリエルが起きていたら泣くかと思い、早めにそうっと家[家]を出て、集合場所へ。
バスは時間通りに出発[バス][ダッシュ(走り出すさま)]
ガイドの男性はざ・たっちにそっくりでした(笑)

高速に乗り、乗客は皆うつらうつら[眠い(睡眠)]
全体的に1人参加が多かったように見えました。
同行者料金がやたら高額なので、それが正しい参加の仕方ですね[ー(長音記号2)]

ひたすら走って、最初に連行された到着したのは、宝石工場[がく~(落胆した顔)]

ぞろぞろと進みます
445.jpg
ワールドダイヤモンドヨコハマというところ[たらーっ(汗)]
447.jpg
448.jpg
449.jpg
ネットで調べてみるとわかると思いますが、バスツアーくらいでしか立ち寄らない所らしい…
完全に、格安アジアツアーと同じからくり[ダッシュ(走り出すさま)]

入ってすぐの所で少し待たされ、その様子が、香港で連れて行かれる宝石店そっくり[がく~(落胆した顔)]

怪しげな香りがぷんぷん
450-453.jpg
大きな宝石のレプリカ
454.jpg
455.jpg
商品の一部らしい
457.jpg
宝石の分布図
459.jpg


ここに来ることが分かっている段階から、ネガティブ120%の気分で来ていますので、せめてブログネタにかるかくらいの気持ちでしかいません[たらーっ(汗)]
どうせ格安アジアツアーと同じで、あり得ないくらいの店員さんが、元の価格なんていくらか分からない品を売りつけるために出てくるんでしょうから…

最初に集合したのは、説明会場。

こんな所
461.jpg
まずは、バスの中で配られたクイズの解答。
宝石に関するクイズで、4問でした。到着時に用紙を渡すと、全問正解者に粗品…豪華賞品[プレゼント]プレゼントだそうです…
若い方は皆、スマホや携帯[携帯電話]で調べていました。…私は主人に[mail to]で依頼。
主人に「それって京大受験のカンニングと同じじゃない?そんなこと協力できないな~」と言われつつ、教えて貰いました[あせあせ(飛び散る汗)]
その結果…

全問正解の粗品商品GET[ー(長音記号2)]
462.jpg
ちっちゃなストラップ
全問正解者は7人でした。全部で25人くらいいたから…正解率高いほうなのではないかな。

その後、スタンプラリーと呼ばれる用紙も渡され、工場見学をしながら中へ。

作業の様子を見つつ…
465.jpg
中に入ります
467.jpg
店員さんに追い回されながら見るのですが、私は早々に端っこのソファに座ってしまいました。
最初は色々声をかけられましたが、安っぽいお客に見えたのか、あまり粘らず帰っていきました[手(チョキ)]
スタンプラリーとは、色々なジャンルの宝石を見て行くとチェックしてくれて商品が貰えるようなのですが、商品を貰った人の「こんなものなの?」という声に覗いてみたら、何だか汚い輝いていない石。
宝石類の原石らしいですが、そんなもの要らない[バッド(下向き矢印)]

出たい人は下へどうぞと言われてから、即効下に行ったけど、そこでもまた外には出れず…
上の階よりはかなり安いストラップとかの小物が置いてあります。
上の高額商品を見た後だと値段感覚麻痺して、皆さん凄く見ています[目]

買った人も多そうでした
468.jpg
「美しさにため息出ますよ」と言われましたが、入って早々からつまらなさにため息でました[ダッシュ(走り出すさま)]
露骨に買う気のないつまらなそうなお客、私を含めて4人ほど。
ガイドさんがその4人を見て嫌そうにため息ついたのを何人気づいたかしら…[ちっ(怒った顔)]


うんざりする時間はこれでおしまし[end]
次回箱根に到着です[soon]
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2011年7月 箱根日帰りバスツアー1 旅のきっかけ [2011年7月 箱根日帰り]

本日から、次の旅行記に移ります[メモ]
ちょっと遡り、2011年7月下旬に行った日帰りバスツアー[バス][ダッシュ(走り出すさま)]です。

本当はこの旅行記は書かなくて良いんじゃないかと思っていました[ふらふら]
というのも、先に結果を書いてしまうようですが、非常に残念要素が多かったからです[がく~(落胆した顔)]
まぁバスツアーですしね…

とりあえず、何故そのがっかりバスツアーに行くことになったのか、本日は旅のきっかけです。


2011年5月下旬だったでしょうか…
東日本大震災[どんっ(衝撃)]で震度6強の被災地だった我が県は、あちこちのお店が再開不能の状態になり、閉店しました。
その中の1つにアカチャンホンポがありました[ふらふら]
郊外にかなりの規模の2階建てのお店があったのですが、そちらが半壊[もうやだ~(悲しい顔)]
修復すると金銭的に大変だったのでしょう…
3月に新しい店舗OPENする予定で、震災の影響で4月にずれ込んだものの、とりあえず近くに別店舗もあるしということで閉店してしまいました[バッド(下向き矢印)]

しかしながら、出来たお店は丸井の中
郊外に行くよりは、徒歩でも行ける距離ということでずっと近くになったのですが、何しろ賃貸料の高額(であろう)な丸井の中。
お店の規模が郊外の1/3です[たらーっ(汗)]
値段も微妙~に高いし、郊外の店舗から来るDM[メール]には付いていた割引クーポンもなし[ダッシュ(走り出すさま)]

安さのメリットがなくなり、滅多にアカチャンホンポで買い物しなくなりそうだなーと思っていた5月。
ちょうどアリエルの誕生日バースデーDMが来て、それにはクーポンがついているので、それを消費するためにオムツを買いに行きました[ー(長音記号2)]
その頃、丸井はやっと復興に向けて動き出した頃。
復興に向けて頑張ろう[exclamation×2]的なキャンペーンをやっていたんです[グッド(上向き矢印)]

一定額以上買い物をすると、応募券が貰え、そちらに書いて応募箱に入れてきたところ[ー(長音記号2)]


箱根[いい気分(温泉)]日帰りバスツアーに当選[揺れるハート]


でも当選は1人(3人分の名前で出してきたんだけど…)[たらーっ(汗)]
アリエルもいるし、とても行かれないわ…と思っていたら、「俺休みの日なんだし、行って来たら。羽伸ばしてゆっくり温泉[いい気分(温泉)]入ってきなよ」と主人が。

気持ちは嬉しいけど、不安でした[ふらふら]
それまで全く離れることなくアリエルと暮らしてきて、朝から夜まで留守するんですもの。
無理、無理[exclamation×2]と思ったけど、「誰かに預けるならまだしも、俺が見てるんだし、いいじゃない。少しずつ離れる練習もした方がいいと思うよ」と言われ、それももっともかな…と思った私。

もしかしたら、不安なのは私だけで、アリエルは私と離れても大して不安ではなかったのかも[ふらふら]

主人は「実家のお母さんも誘って行ってきたら」と言ってくれましたが、同行者は10.290円[がく~(落胆した顔)]
ボッタクリ…
同行者で稼ぐ感じなのでしょうねぇ。
しかも、行程表を見ると、最初にダイヤモンド工場とやら強制連行されるそうで…
なんだ、その格安アジアツアーみたいなカラクリ[たらーっ(汗)]


果たしてそんなバスツアーに行くのは、間違いなのかもしれないと思いつつも、箱根のユネッサン[いい気分(温泉)]は魅力的[ひらめき]
主人の後押しもあり、行ってみることにしました。

でもこのバスツアーを企画する会社、株式会社ホリデーというところで、方々のバスツアーを手掛けているようですが、悪名高いですね…[あせあせ(飛び散る汗)]

必ず宝石工場やシルク工場などに連行するようです。
ここでの売り上げに対してリベートが支払われるということなんでしょうけど。
このカラクリがアジア旅行と同じ。…日本もまだまだだなぁと思っちゃいました。

裏のあるバスツアー、次回から本編に入ります[soon]
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
2011年7月 箱根日帰り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。