So-net無料ブログ作成
国内・海外旅行全般 ブログトップ

年末年始が近づいて…(旅のつぶやき) [国内・海外旅行全般]

次の旅行記に移る前に、ちょっとブレイク[喫茶店]

11月も半ばになり、徐々に年末年始モードが近づいてきています。
個人的には毎年「あ、もう年末だ」「お正月って感じしないなー」と思いながら年末年始を過ごすのですが(笑)、お休みが自由に取りにくい中旅をする方は、とっっっっっくに年末の旅行の手配はお済みなんですよね[チケット]
特に海外[飛行機]に至っては、半年以上前に手配完了と言う方もいらっしゃることでしょう。

私は海外は基本ツアーなので(閑散期に行けるからというのはありますけど)、半年も前に予約は出来ないことが殆どです。
でも私が楽しく読ませて頂いている旅行記サイトの方々は、既にご予定が確定されていて、凄いです。
成田[飛行機]からの出国ラッシュのニュース[TV]を見たり、話を聞くと「1度は年末年始を海外で過ごしてみたい[ハートたち(複数ハート)]」なんて思うのですが、割高な時期に旅行に行ける人はそれなりの準備をなさっているんですよね[ー(長音記号1)]
(主人の仕事の都合上、年末年始に休むなんて…[どんっ(衝撃)]と思いますけど[たらーっ(汗)]
休むのが不可能というわけではありませんが、年末年始も通常勤務なので、一般の方より年休をたくさん消費することになりますし、だったら閑散期に合わせて休んだ方がお得だし…って感じで)

お盆やゴールデンウィークは、混雑するし高いから行きたいとは思わないのですが、年末年始って混雑しても高くても、やっぱりそれ以上に特別ですよね[ー(長音記号2)]
新しい年を海外で迎えるって、なんか特別感あります[グッド(上向き矢印)]
今は無理ですが、いづれ主人がリタイヤしたら…30数年後[exclamation×2]…そんな新年の迎え方をしてみたいです[わーい(嬉しい顔)]


11月に入り、年賀状の販売が始まったり、おせちの予約が始まったり、ホームセンターなどで掃除用品コーナーが出来てたり…
日々年末を意識するものが増えていると思います。
「ボーナスは〇〇(銀行)へ」なんて言うチラシやCMもそうですね(半年前も言ってますが)。

実は先週お誕生日[バースデー]で、そのバースデー・メール[mail to]を下さった四国在住の方が、「年末に香港へ行く」と仰っていて、非常に非常に羨ましいと思いました。

そんな思いもあり、つぶやきのように今日の記事を書いてみました[メモ]
年末年始に海外へ行かれる皆様、楽しんでいらしてくださいね。
皆さんのブログで、海外の新年を拝見させて頂くのを毎年楽しみにしている麻能です[ハートたち(複数ハート)]
nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

クラブラウンジの色々 [国内・海外旅行全般]

先日まで、ANAインターコンチネンタルクラブフロアに宿泊した旅行記を書いていました[メモ]
その際、たくさんの嬉しいコメントを頂きましたが、見て頂いたお友達から「どんなふうに予約したの?」「どうやって探したの?」という個人的なメール[mail to]も頂きました。
反響が大きくて、さすがクラブフロアだと思います(笑)
今回は、私が探したやり方をご説明したいと思います。

今回私はホテルプログラムのプライオリティクラブから予約したのですが(これが後々大失敗だったとなるのですが[ふらふら])、今回のプランはプライオリティクラブじゃない、楽天とかじゃらんなどの総合宿泊予約サイトでもありました
しかも、最安値価格です[グッド(上向き矢印)]
最安値の代わりに、キャンセル料が予約した瞬間から100%かかるという、リスクを伴うプランですが、ホテルプログラムじゃなくてもこの価格でというのはありがたかったです。

ただ、最初からホテルを絞っていたわけではないので、最初は楽天やじゃらんで検索しました。
フリーワードに「クラブフロア」と入力して検索、その後目的の地域に絞り込んで行けば良いです。
ただ、例えば「〇〇クラブ…フロアには△△を…」なんて説明があるものもヒットしてしまいますので、目的以外のものも出てきてしまいます。
検索語に、オプションである「高級ホテル」とか「じゃらんハイクラスの宿」などをチェックして絞り込むと、一般的に良いホテルしか残らないので、それで後は他の条件を絞っていきました。

ただ、クラブフロアってホテルにより呼び方が違うので、全てがヒットしたわけではなく、恐らく私達も見落としていたプランがあると思います。
一例として「エグゼクティブフロア」という名前の所もありました。

絞り込んで、最終決定の前には口コミを利用しました。
ネットの口コミは当てにならないこともありますが(価値観はそれぞれですし、感じ方が違うことも勿論ありますし)、でも総合的に悪い評価ばかりの所は、やはり選択できません。
エグゼクティブフロアという名前の特別フロアを持つホテルは、口コミに「対応が酷い。エグゼクティブなのは自分達だというような横柄な対応に、ホテルそのものの質の悪さを感じた」と書いてあり、総じてこのホテルは口コミ評価が非常に悪かったので、即却下[あせあせ(飛び散る汗)]
「狭すぎてカクテルタイムは立って待っていた」という口コミのあった所も、やはり却下[あせあせ(飛び散る汗)]
消去法で候補を減らしていきました。

最終的には、ラウンジを使うプランか、それともサービスに定評ある帝国ホテルか(勿論通常のお部屋ステイ)で迷いましたが、料金にお得感があるANAインターコンチに決定[ひらめき]
一歩入った時からお客様に対するサービスが行き届いたホテルで、とても満足の滞在でした[ハートたち(複数ハート)]


そもそもクラブフロアという存在を知ったのは海外でした[飛行機]
SARSが流行した直後、観光客の減少をもろに受けた香港が、観光客を呼び寄せるために出血大サービス(笑)で色々なキャンペーンをしたのが2003年~2004年。
ペニンシュラのツアーが信じられない価格で泊まれたり、恩恵にあずかったっけ…[ー(長音記号2)]

普段からツアー派の私は、パンフレットにある特典に惹かれることもあり、ツアーはよく「35日以上前の予約でハーバービューにアップグレード」とか「40日前までの予約でハイティー付」とかあります。
当時のツアーには「特定日の先着1組様に限り、クラブフロアにお泊り頂けます」というのがありました。
3ヶ月あるツアー日程の中で、5日くらいしか設定がなかったのですが「とてもお得」と旅行代理店の方に言われて、そこに合わせて予約。
ハーバープラザ香港というホテルなのですが、スィートルームにはあのヨン様もお泊りになったとかで、ホテルをあげて宣伝されていました[ー(長音記号1)]
到着時から案内に付いて貰って特別フロアで座ってチェックイン[パスワード]など、その特別に最初はびびりまくってました。

香港という土地柄か、ホテルのスタンスか、年代の違いか(8年位前ですからねぇ)分かりませんが、ラウンジの食事が非常に充実していて、毎晩のようにそこで夕食代わり[レストラン]
ハイティーの時間のケーキ[バースデー]も美味しかったです。
お酒[バー]の種類もたくさんあったようでした(この頃から飲まないのでよく分からない[バッド(下向き矢印)])。

予約時は「とにかくお得」と言われていましたが、クラブフロアの意味をよく分かっていなくて「良いお部屋にアップグレードされるんだって[揺れるハート]」程度にしかとらえていなかったので、衝撃でした。
美食の地、香港でいつもの半分も外に出なかったくらい(苦笑)


やや脱線しましたが、観光とかで外にたくさん出てしまうのなら勿体ないですが、ホテルでゆっくり寛ぎたいという場合には、クラブフロアはオススメです[揺れるハート]
そういう滞在をされたい場合は、ちょっと割高でも、その価格に見合った価値のある待遇を受けられるので、皆さま是非[るんるん]
nice!(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本人の(おかしい?)美学 [国内・海外旅行全般]

昨日の記事について、思いのほか食いつきの良い(笑)反応を頂き、また、皆さんに同意して頂き、嬉しかったです[揺れるハート]

昨日は、「もしかしたらそれが当然と思う方も多いかも…」「仕事とはそういうものだ[exclamation×2]と言われたりしないかな…」とちょっと控えめな感じになったのですが、ちょっと力が湧いてきました[グッド(上向き矢印)]
反応が良かったことも受け、昨日の延長として、ちょっと突っ込んだことを書いて行こうと思います[ペン]


昨日書いた事に大きな同意を頂きましたが、日本人の働き方って本当に真面目ですよね[ダッシュ(走り出すさま)]
真面目と聞くと良い言葉ですが、ドイツ人の真面目とは違うというか…

日本人の働き方って、仕事する=休めない・休んでいはいけないという感じ[たらーっ(汗)]
残業や休日出勤することや、年休を使わないことが美学みたいな風潮ですよね。
欧米人は働くのはバカンス[リゾート]のため、遊ぶためとオン・オフがハッキリしているのですが、日本人って働き詰め[がく~(落胆した顔)]
勿論、一部そうでない人はいますが、現実的にはそんな人が多いと思います。


年休を取って旅行に行くことを非難されるような風潮っておかしいですよね[バッド(下向き矢印)]
仕事している以上、ある程度雰囲気を読んで、迷惑にならない配慮は必要ですが、ちゃんと配慮されているのなら、年休は与えられた権利なのだから、非難されるものではないと思います。
まぁお国柄の違いなどもあるでしょうけど…


日本全体がそんな感じですから、日本全体が「年休を取って、ちゃんとメリハリ付けた仕事しよう[exclamation×2]」みたいにならないと、なかなか変化しないんだろうなぁ[たらーっ(汗)]


そう言っている私も、そんな日本人の1人でした。
仕事=休んではいけない、休んで旅行なんて言えないと…

でも段々学んで、周囲に迷惑かけない時期や状態を選んで、全く休みを取らないようなことはありませんでした。
自分で変えて行く努力も大事かなと思います[ー(長音記号2)]
会社の規模や立場によっても、それぞれ変わってくるでしょうが、ずーっと年休取ってはいけない環境って、年休の意味ないですよね。

日本人は勤勉ですが、もっとオン・オフを切り替えれば、もっとゆとりも出て、仕事の時の集中も高まるんじゃないかな、なんて都合良い考え方もしちゃいます[あせあせ(飛び散る汗)]



ちょっと呟いてみました[ー(長音記号1)]

次回の旅行記ですが、嬉しいことに最近こちらのブログの反応が良く、リクエストを頂くことが増えています。
先日、「前のブログで見たことがあると思うんだけど、サッカー[サッカー]の記念館みたいなところに行った時の、もうないの[exclamation&question]」と聞いてくれた方がいたので、そちらを先にアップします。

今月末は旅行[いい気分(温泉)]もありますので、途中途切れるかも知れませんが、よろしくお願いします[手(パー)]
nice!(12)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅はタイミングが命? [国内・海外旅行全般]

2007年9月、スイミング仲間の女子3人が姉妹のように行った那須高原旅行記[メモ][次項有]こちら)が終わったところですが、次の旅行記に入る前にちょっとブレイク[喫茶店]

女3人那須高原旅行記の総括([次項有]こちら)で、旅はタイミングが大事と書きましたが、これって色々な場面で言えることだと思います。

例えば、海外旅行[飛行機]の場合、為替やサーチャージはタイミングにより大きく変動しますし、同じ時に行っても手配の時期により、支払いが変わったり[有料]
お土産[プレゼント]の運もありますよね。
偶然見つけたものが凄く気に入って、買うか買わないか迷うことありませんか[exclamation&question]
巡り合いもタイミングの[1]つだと思います[ひらめき]

また、先の那須高原旅行記みたいに、友達とのタイミングもありますね。
女医のゆっこさんが休める時なんてそうそうなく、結婚して、旦那さんと一緒に住むために1回今の病院は去る方向で動く…という状況だったから、平日に続けて休みを取るなんてことが出来たんです[exclamation×2]
お医者さんって休みを取らないわけじゃないですけど、やっぱり若いうちはレジャーで休むのは休みにくいし、担当患者さんの様子もあるし…と凡人には分からない苦労があるようです[あせあせ(飛び散る汗)]

このタイミング逃したら[2]度と行けなかったと思うと、タイミングって逸したらいけないなぁと思うのです[ー(長音記号2)]


また、旅行したいのにお金がある時は時間がなく、時間がある時はお金がないってよく言いますよね。
私も経験あります。
順当に考えれば、一般人には当然の理論ですよね。
働いていれば、お金はちゃんと入ってくるけど、定期収入と引き換えにお休みが取りにくい…
働いていない(学生とかも含む)と平日のお休みとかはあるけれど、充分なお金がない…

お金もあっていつでも休める、なんて幸せな状況、そう来ないと思います。

なので、時間がある時は安い旅行が出来ますから、お金は少し頑張って都合付けて行くことをオススメします[ひらめき]
生憎、会社組織に入ってしまうと、時間の都合を自分だけで付けることはかなり難しくなります。
私のブログによく訪問して下さる、オサムシさんなどが、GW・お盆・年末年始という激混みシーズンに旅行されているのも、会社のお休みの都合でしょう。
日本人は欧米人と違って、バカンスのために働くという習慣はなく、有給休暇も残すものだという風潮がありますものね…[たらーっ(汗)]
良くも悪くもバカ真面目な人種ですね。

こういった時期にしか旅行に行けない方は、特典航空券[チケット]はじめ、様々な知恵を持っておられますが、それでも閑散期みたいな金額では難しいと思います。

個人的には少し頑張ってお金の都合が付くなら、それによって得られる楽しみや経験を考えると、頑張る価値はあるのではないかなと思います。
特に旅行好きな学生さんには、これをお伝えしたいです。

都合を付けられた時が、旅のタイミングではないでしょうか[るんるん]
そう考えて楽しくタイミングを掴んで旅行したいな、と思うのが私の考えです[手(チョキ)]


本日のブログはあくまでも私の主観によるものです。
ご不快な思いをさせないよう配慮したつもりですが、気に障ったりされた方がいらしたら、申し訳ありませんm(__)m
nice!(12)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

男脳と女脳がある???…方向音痴の不思議 [国内・海外旅行全般]

脱線ついでに気になったので書いてしまおうと思います[メモ]

先日のブログで、香港「裏」旅行記というふざけた旅行記を書きました([次項有]こちら

念のため言っておきますが、私の方向音痴はここまで酷くはありません[あせあせ(飛び散る汗)]
確かにかなりの方向音痴であることを認めていますが、これは私が「ホームページを作ってみたい」と呟いたことに対する、ユニークというかジョーク交じりに、からかい半分に主人が作ったものです。

しかしながら、皆さまの反応がすこぶる良く(笑)、これを機に、ちょっと気になっていたことを綴ってみようと思いました[ひらめき]


先日のコメントに頂いた中にも質問がありましたが、私は地図をグルグル回して見ます。
自分が前に進むことを前提に、地図を見るのです[目]
だから、例えば右に曲がったら、曲がった方を上に向けないと、地図で自分が前に進んでいないですよね?(右に進みますよね?)
だから地図をくるっと回します。
そうすると次の曲がり角で、自分がどちらに曲がるか分かりやすいというわけです。
当然、次を曲がるとそちらを上に向けるため、また地図をくるっとします。
地図を固定(北を上に向けたまま)とかだと、次に自分がどちらに行って良いか分からなくなるのです。

でもこれって、方向音痴じゃない人でもやる人を多数見ています。
私の友人でも、方向音痴とは言えない人でも、地図をグルグル回す人がいます。


でも凄く方向感覚の良い人って、地図を回さなくても分かるんですよね[あせあせ(飛び散る汗)]
(それが普通なのかな[exclamation&question]
特に男性の方が、地図を回さなくても読める人が多い気がします。

私は真剣に方向音痴を何とかしたいと思ったのですが、なかなか難しかったです。
地図を読む練習もしたんですけど…[ふらふら]

そして色々考えるうち、結論として、男脳と女脳があるのではないかと思ったことがありました[ひらめき]
色々な面でありますよね、男の人と女の人で「脳が違うから、感じ方や捉え方が違う」ということが。
それが違うから、男性の方が地図が得意な人が多いんじゃないか…と。

でも女の人の中にも、男脳の人もいると感じたことがあります。
それが、福岡旅行で会った女医のゆっこさん。
彼女の車[車(セダン)](外車!)に乗せて貰った時、ナビを見て「ねぇ、進む方向がおかしいよ」と言ったら「あ、私北固定じゃないとダメなんだ[わーい(嬉しい顔)]」と言われました。
「北固定?」と聞くと、「うん、地図みたいに北が固定されたままじゃないとダメなの。曲がるたびに、北が変わるでしょ?それがダメなんだ。」
私の正直な感想は、「え、だってナビってそういうものでしょ[exclamation&question]」だったんですけど、その時まで、ナビに北固定があるなんて知りませんでした[たらーっ(汗)]

すると、私の母の友人の女医さん(麻酔科医のベテラン!)も、北固定じゃないと走れないそう。
女医って、男性顔負けの根性や知識を持っているから、男脳に近いのかしら…[exclamation&question]

皆さんはどのように地図を見ますか?
方向音痴じゃなくても地図を回す方はいますか?
ナビが北固定の方はいますか?
(方向音痴じゃなく、地図は回さない人でも、ナビは固定してない人は多いと思います…私の兄などがそうです。凄く方向感覚良く、迷うことはなく、地図も回しませんが、ナビは固定じゃなくても走れます[車(RV)][ダッシュ(走り出すさま)]


因みに懺悔しますが、私の方向音痴の重症度は、自分が迷うばかりでなく、「誰もが知っているであろう所を説明しても、誰もたどり着けないような説明しか出来ない」ほどです[がく~(落胆した顔)]
決して悪気はなく、一生懸命説明するんですけどね…[もうやだ~(悲しい顔)]
nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

香港「裏」旅行記 [国内・海外旅行全般]

ネタも切れかけていることですし(古いネタはあるんですが[あせあせ(飛び散る汗)])、旅行記に入ると脱線出来ないので、今日はちょっとふざけた旅行記を紹介しようと思います[ー(長音記号2)]


尚、先に書いておきますが、今回の旅行記は実際に行った旅行記ではありません[ー(長音記号1)]


何年前のことでしょうか…
香港リピーターになっていた私は、旅行記を見るのも楽しみで、あれこれ見て楽しんでいました[ハートたち(複数ハート)]
お気に入りの方のサイトで互いに情報交換をしたりしていた時、「私もホームページとか持ちたいなぁ」と思って、主人につぶやくように[mail to]しました。
「なんか、私もホームページ作ってみたくなっちゃったよ」

すると、主人から長文メールが届きそこに書いてあったのが…

「麻能、旅行記のホームページ作るの[exclamation&question]そしたら簡単だね[ひらめき]

とあり、更に簡単な旅行記が綴ってありました。


1日目 ワンタン麺を食べに行く[グッド(上向き矢印)]
    道に迷う[バッド(下向き矢印)]
    探し疲れて食欲なくし、結局残す。

2日目 マンゴープリンを食べに行く[グッド(上向き矢印)]
    道に迷う[もうやだ~(悲しい顔)]
    持ち帰りにして帰る時にも迷い、ぬるくなって味が半減[ふらふら]

3日目 お土産を買いに行く[プレゼント]
     道に迷う[がく~(落胆した顔)]
     辿り着けずに諦める。

4日目 無事帰国[飛行機]



ですって…[ダッシュ(走り出すさま)]
どれだけ人を馬鹿にしているのー[むかっ(怒り)]


まぁ、私のもはや病気とも思える方向音痴っぷりでは、このくらい言われても仕方ないのかも…と今は思います。
でも、友達のケロちゃんと香港行った時など、「私が案内しなきゃ[exclamation×2]」と思うと、しっかりガイド出来るので、多分「やれば出来る子」です(笑)


笑いネタとして書いてみました。
気軽に読み流し下さい[わーい(嬉しい顔)]
nice!(7)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

迷惑メールかと思いましたよ… [国内・海外旅行全般]

先日ふいに英語の[mail to]がパソコンに受信されました。
しかも、全く同じものが2通も[がく~(落胆した顔)]

これはとうとうスパムメールかな、と思いました[ふらふら]
独身時代に使っていたメアドにも、いつしか変な英語の羅列メールが届いて迷惑したなぁと。

でもよく差出人を見ると
『ESTA-SYS-SUPRT@cbp.dhs.gov』となっている。

ESTAのサポート[exclamation&question]
(ESTAとは渡米のために必要な、ビザ免除の代わりのプログラムの一部です。ネットにて申請可。現在は申請に14ドルかかります)

ちょっと安心してクリックしてみたら

ATTENTION! Your travel authorization via ESTA will expire within the next 30 days. Please reapply at https://esta.cbp.dhs.gov if you intend to travel to the United States in the near future.

とありました。
要約すると、ESTAで申請した期限があと30日で切れますよ。もし近いうち渡米する予定があるのなら、申請しなおしてね、ということです。


そうか…以前申請してから2年も経過してしまったのね[あせあせ(飛び散る汗)]
と初めて気づきました。

2009年1月にハワイに行くため、当時始まったばかりのESTAを12月に申請しました[グッド(上向き矢印)]
当時は無料でしたが、今年9月8日から有料化されたとのこと。
申請後は2年間無料なので、申請しておこうかと思いましたが、アリエル(娘)のパスポートがないので娘の分は申請出来ないし、娘なしで旅行[飛行機]するなどあり得ないし、と思っていたので、結局申請しませんでした。

もし、アリエル連れて海外へ行けるとしても、近場がメインになるだろうなとは思いましたし[ダッシュ(走り出すさま)]
それにしてもご丁寧にこういうメールをくれるのですね。

自己責任が強く問われる(と思っている)米国のシステムにしては親切だなと思った麻能でした[揺れるハート]
nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
国内・海外旅行全般 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。